障害者を締め出す社会は
もろくて弱い社会である
国際障害者年の国連決議


障害は不便です。で幸ではありません!!
ヘレン・ケラー




福祉オンブズ香川は障害者が中心となって活動しています
 
福祉オンブズ香川は1999年に発足しました。



四国・香川県を拠点に
障害者・高齢者など福祉サービスを利用する人
その家族や関係者の
権利意識を向上し
差別や偏見をなくすとともに
権利を擁護するために
様々な活動を行っている
民間団体です。


 私たちがめざすものは、

障害があっても、高齢になっても
地域の一員として
誇りと自信を持って
自由に生きることのできる社会の実現
 
です。



 
 これまでに、
福祉施設利用者の虐待問題、交通機関のバリアフリー、虐待防止の問題などに
取り組んできました。
 また、香川県内の障害者団体の連合体『香川障害フォーラム』の加盟団体として、
香川県および市町への要望書を提出して話し合ったり、
障害者差別禁止条例の制定に向けた運動に参加したりなど、
他の団体と共同した取り組みもしています。
 
 

 私たちは、障害のある当事者が中心となって、障害があっても、福祉サービスを利用しながら地域のなかで、一人の人間として明るく充実した生活を送ることができるように、様々な活動に取り組んでいます。主に、次のような活動をしています。

 ①権利意識の向上と権利擁護のための活動 
 ②施設や居宅での福祉サービスや市町の福祉施策等の点検と提言 
 ③相談活動と情報提供
 ④その他の本会の目的を達成するために必要な活動
 
 このホームページでは、私たちの沿革や、活動報告、機関誌の紹介等をおこなっていきます。また、最新情報はブログでもご覧になれます。